もりのこぶぅ

今のところは沖縄より愛を込めて 日々のいろいろを少しずつ




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




ときめき弾丸ツアー (少しは座間味の魅力を・・・) :: 2012/10/17(Wed)
あららー・・・今日はすっかり雨の沖縄です 
来るのか来ないのか・・・はっきりしてほしいわ、21号
ゆうべは、急いでトニィさんにご飯を食べさせなきゃ・・と思って・・
なんだかわけのわからない 「さばカレークリームパスタ」 的なものを創作
ほんとは、味噌煮にしようと買ってたサバだけど、食べるの大変だろうからと
塩焼きにしてパスタと和えてみた・・・まずくはないけど、微妙・・・
今朝、お腹の調子がおかしいなーとか言ってたけど、そのせいかしら??

さて、一応完結したようなしてないような旅日記・・・へんてこ写真ばかりじゃアレなんで・・
少しは美しい島の景色でもご覧くださいませ
あ・・・でも、天候のせいで (いや、こぶぅの腕のせいで)イマイチですがね・・・

7 高月山展望台2

7 高月山展望台 3
夜は怖かった 「高月山展望台」 からの眺め
昼間行ってみると、展望台も2つあり、景色もよく、思わず歓声が出てしまうぐらい素敵な場所  
星や月が見えたら、怖くなかったのかなー

8 チシ展望台から
チシ展望台」より
どこもかしこも、風がすごく強かったのですが、ここはまた一段とすごい!!
手を広げて立つと、後ろに飛ばされるぐらい・・・・・ほんと、飛べそうでしたw

9 トウマの浜への道
トウマの浜」 へ、向かう道
奥まで車で行けなくなっていて、手前のスペースに駐車して歩いて行きましたが、
この道がまた風情があって、歩きに来てよかったなーと感じる道
10 トウマの浜 空残念
トウマの浜」 突然視界が開けて、浜が出現
完全に、だーれもいません プライベートビーチ感たっぷり
防風林?には、ハンモックがひっかけてあったり。 (使えない感じになってましたが)
でもね・・・残念なことに、振り返ると、打ち上げられたゴミがびっしり・・・・・
ここに捨てたわけではないんでしょうが、人間ってほんとに罪深いなと感じる風景でしたよ
(そんなこと言いながら、掃除とか、何もしないで帰っちゃいましたけど・・・)

11 古座間味ビーチ
こちらは戻ってきて、「古座間味ビーチ
修学旅行生も帰ったので、数人が散策してる程度でした
かなり遠くまで下が透けて見えますよ! この青に癒される旅でした
古座間味ビーチ パノラマ

思い出深い旅となりましたが、久しぶりに二人の写真を撮ってもらい、
客観的に自分の姿を見て、絶望・・・これはほんとにイカン!!
激しく反省する機会にもなった旅でした
LLのウエットスーツが入らなかったふくらはぎと、太もももやばいけど・・・
トニィさんに・・・「あらら、そのお尻・・・どうした?」と言われた水着姿
そして、体操座りができなくなるほど成長した上のお腹・・・
下腹がエベレストなのは、うすうす気づいてましたけど、上腹の厚みが異様だわ 
わーーー どうする? 食欲の秋 ← 年中食欲の季節だけど

展望台へ走るトニィ  「お酒とお菓子をやめて、動いたらいいんじゃない??」
わかっとるわーー・・・自分の走り方もラブリーすぎるでーー!!! (ノ`Д´)ノ キィィィ

最後まで目を通していただきまして、ありがとうございました(笑)
なんやねん、この締めくくり方w
だいたい、甘いコーヒー飲みながら、じっとパソコンの前に座ってる時点でアウトですよね
今日も明日も、天気悪いから、おうちに缶詰になりそうで・・・困ったなー

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ    
昨日は、私のブログについて、いろいろ教えていただきありがとうございました
とりあえず、鳥が飛ぶプラグインを外して様子を見ましたが、
やっぱり見るパソコンによっては調子が悪いようなので、テンプレ変えてみました
どうだろうなーー??
また、お気づきの点がありましたら、教えていただけるとありがたいです 

スポンサーサイト
  1.  ◎離島
  2. | trackback:0
  3. | comment:9




ときめき弾丸ツアー ~マリリンに逢いたい~ :: 2012/10/16(Tue)
照ったり、真っ暗になったり・・・変なお天気の沖縄です
北海道では気温が1桁だったとか・・・日本って縦に長いんだってつくづく感じますね

さて、本日も座間味紀行の続きを綴らせていただきます 
よろしければ、お付き合いくださいませ 

【ネタ ①】 「真夜中は別の顔」
1日目、18時半から、民宿の奥さんのおいしい手料理を頂いた後、
近所の散策をすることに
ただ、あいにくのお天気で、星が見えるような気配もナシ
一縷の望みにかけて、「高月山展望台」へ行ってみるも・・・ほぼ街灯もなく
完全に真っ暗で、懐中電灯の明かりぐらいじゃ、余計に怖さが増すばかり
「ここを歩いて上がったって、絶対怖いよね・・・ムリムリムリ」と
ネットの情報に二人で突っ込みを入れつつ、車で上まで向かってみたけれど、
見えないものが見えそうだったので、さっさと下りてきました(笑)
だって・・・
昼のシーサー 朝見たら、こんなにかわいいシーサーが・・・
夜見ると、こんなんなっちゃうんだから・・・ 夜のシーサー
・・・・・え?変わらない??

まぁ、それはさておき、まだまだ時間は早かったので、ちょっとだけビーチへ回ってみると・・・
ビーチから灯りが・・・ どうやらナイトダイビングの最中だったようで、
海の中から照らされるライトの明かりが、すっごく幻想的でしたよー
写真に写らなくても撮ってみればよかったなーと後悔・・・・・
でも、自分でやってみたいとは思わない ・・・真っ暗な海は、やっぱり怖い・・・

【ネタ ②】 「コリすぎデス」
旅行2日目・・・・・やっぱり高速船は欠航だったので、
フェリーの時間を確認しに港へお散歩・・・・・そのまま、ふらふら歩いて近辺を散策
宿近辺、座間味集落は、民宿やダイビングショップだらけで、割とにぎわっている地域
それぞれ、個性的な宿が多いのだけれど、中でも目を引く光景が(笑)
9 ロボット兵
ここは三鷹の森かと目を疑う私たち
しかも、よーく矢印のところを見てみると・・ 10 ロボット兵の足 ← クリックしてね
なんだか基盤?が埋め込まれてる(笑) すっごい凝り様
そして、肩の上には・・・ 11 ロボット兵の肩には・・・ 宮古まもる君・・ならぬ、「ザマミ守君」

8 民宿のトトロたち
そしていろんなトトロたちも出迎えてくれる・・・こんな民宿に泊まってみるのもいいかも

【ネタ ③】 「マリリンに逢いたい?」
民宿チェックアウト後、周辺のドライブへ
うろうろして素敵な景色を堪能した後・・・ ← その景色を書けよ
やっぱり、この子に会いに行かなくちゃ!!!
13 シロを想うマリリン
恋人のシロを想って、シロの居る「阿嘉島(あかしま)」を見つめるマリリン
みなさん、 「マリリンに逢いたい」  見ました??
1988年に公開された、阿嘉島の民宿に住むシロが、恋人のマリリンに会うために
海を泳いで渡っていたという実話を基に制作された映画です
マリリンと写真を撮ろうと、四苦八苦しているところに、
おそらくどこか都会から来たのだろうと思われる寝袋を持った若者集団が
「キャンプ場までまだ遠いですか?」と同じく観光客の私たちに声をかけてきた!
分かる範囲で答えると、親切にも写真を撮ってくれたんですが、そこにさらに通りかかる
軽トラのおじぃ・・・わざわざ下りて、マリリンを知らない若者たちにガイドを始める(笑)
「泳いで渡ってきたシロはなぁー・・・帰りは、フェリーに無賃乗船さ・・・」と
衝撃的な裏話もさらーっとしてたけど・・・・・ 
ちなみに、シロの像も、阿嘉島にいるそうですよ

【ネタ ④】 「画期的な施設」
残り時間もあとわずかだけど・・・前日に見つけてどうしても行きたくなった場所へ
14 野外音楽堂 野外音楽堂?
なんでしょう、このシュールな感じ・・・これは・・・
15 聴いてください・・・UFO!  踊らずにはいられまい(笑)

16 観客席も
石段だけど、ちゃんと観客席もあって・・・割ときちんと整備されてる感じ・・・
何かに使われてるのかなー???
私にとって座間味で一番気になる施設でした(笑)

【ネタ ⑤】 「秘密のケンミングルメ」
高速船なら、16時20分発の船に乗ればよかったけれど、フェリーは14時発・・・
楽しかった時間はあっという間に過ぎ去る・・・急いでご飯食べなくちゃ
17 ぼくの店 おじさん 店内  「ぼくの店 おじさん」 にて昼食
確認はしてないけど、多分、「おじさん」 は魚の名前(笑) ⇒ こんなの
トニィさんはカツカレーを注文してたけど、私はずっと食べたかったこちらを注文
18 ちゃんぽん
・・・え? ただの野菜炒めが載ったごはんでしょ?って??
ちがうんだなー(笑) さぁ、沖縄のみなさん、料理の名前をご唱和ください せーの!!!

「ちゃんぽん」

麺はいっさい入ってませんよ・・・ボリュームたっぷりだけど、かなりおいしかったー☆
あ、もちろん、沖縄にもリンガーハットやラーメン屋さんに、ちゃんぽん麺もありますよ

【episode 06】 「・・・え?いろんな意味で緊急事態???」
名残惜しいけれど、船に乗らなくては・・・ところが・・・
2.5 フェリーの中に消防車
どうやら対岸の島、阿嘉島(あかしま)の野原が火事だとか Σ(゚Д゚ノ)ノ
消火にはヘリなどが向かっていたようですが、
おそらくこの消防車も手伝うために乗船していたのでしょうね・・・
昼食をとった店「おじさん」のおばさん(ややこしいわ)が
「風が強いのに野焼きして、ほったらかしにしたんだろうねー」と常連さんと話してたけど

まぁ、それはそれで、特に変更もなくきちんとフェリーは14時に座間味を出発
しかし・・・これが、まぁ、この旅で一番キツイとは思いもせなんだ・・・

高速船が出ないぐらい、海がシケているというのはわかっていたけど・・・
ここまで揺れるとは・・・・・座ってたら、さっきのちゃんぽんが全部出そうだったので
ひたすら雑魚寝ゾーンで、じっと横たわるこぶぅ・・・・・
トニィさんは途中でリタイア・・・トイレの住人になった後は風に当たってたとか・・
私が横たわってる頭の向こうで寝転がってたオバサン・・・たぶん、その場でリバース
考えたら自分まで気分悪くなりそうだったので、動かず、ひたすら気にせず我慢・・
なんとかかんとか2時間の船旅を耐え、ヘロヘロのアラフォーボロ雑巾2人
どうにか家まで帰りつきました

さすがに・・・しばらくは船に乗りたくないw

と、エピソードとネタだけの、本編がない旅日記で、大変失礼いたしました(笑)
もう少し座間味の魅力をお届け・・・できるかしら(笑) 後日に期待 ← ほんとか?

本日も、バカみたいに長い記事・・・最後まで目を通していただきまして
本当にありがとうございました 
かわいそうなトニィさんは、風と雨が強くなってきてる中、支社の会議へ行きました
気の毒に・・・早く帰ってこれますように・・・

あ・・・ところで、少しおうかがいしたいのですが、このテンプレに変更後、
こぶぅのブログが見にくくなった・・とか、重くなった・・・という方、いらっしゃいますか?
友達がコメント書きにくくなったと、教えてくれたのですが・・・
自分ではよくわからないので、何かお気づきの点があれば、教えてくださいませ
文章が読みにくいのは、私のせいですので、その辺はお許しをーーー

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ     

  1.  ◎離島
  2. | trackback:0
  3. | comment:18




ときめき弾丸ツアー ~そうだ、座間味へ行こう~ :: 2012/10/15(Mon)
お天気がコロコロ変わる沖縄・・・それにしてもプラピルーン・・・
・・・私の千鳥足より蛇行してるんだけど、どういうこと?? 22号も発生してるし
どちらの台風も、日本列島に影響を及ぼさないことを祈っております 

さてさて、こぶぅの弾丸珍ツアー紀行・・・お時間のある方はお付き合いくださいませ

【episode 01】 「ダンドレネーゼ」
とにかく情報収集や、段取りを組むのが上手ではないワタクシ
「そうだ!」と思い立ったのが、つい先日だったので、宿の手配や船の手配など
いろんなことが後手後手に・・・結局、宿にレンタカーが付いているのに別で手配したり
締切が5日前だと気づかず、激安ツアーが申し込めなかったり・・・
行く前から不安要素たっぷり・・・予算的にもう少し絞れたのに、残念
それでも、とっても楽しみで、ワクワクが止まらない・・・・・

【episode 02】 「台風の余波」
しかし・・前日宿に確認の連絡をしたところ・・・
「高速船・・・今日の2便目、欠航になったみたいなんだけど・・・大丈夫ですか?」と
・・・え? 船、出ないかもしれないの???
と、少々不安になりながらも、当日を迎える
たとえ高速船が出なくても、フェリーなら渡れるようなので、ひとまず、泊港へ!!!
幸いにも高速船も出そうだし、往復券もゲットして、
さあ、船に乗りましょうと思ったところに、宿からの電話
「海もシケてるようだし、ほかのお客さんキャンセルなさいましたが、どうします?」
・・・・・も、もう、チケット買いましたけど ヾ(・ω・`;)ノ
どうする、どうなる、と言い合いながらも、結局船に乗り込む2人
1 今から出発 行きは高速船  高速船 クイーンざまみ
・・・・・ま、なるようになるでしょ
                      帰りの便が出なかったら困るけど・・・・・(トニィさんが)

さすがに、ちょっと波が高くて、ヤバかったけれど、50分の船旅だからと じっと我慢
これ以上はきついなーと思っていた頃、島が見え、無事に上陸

【episode 03】 「平日のこの時期なのに・・・」
まずはお迎えに来てくれていた 民宿「レストハウスあさぎ」 のご主人の車で宿へ
チェックイン前だけど、快く着替える場所も提供していただき、午前中から海へ!!
最寄りの「古座間味ビーチ」まで、送迎サービス・・・ありがたい 

うん・・・いろいろ予約の電話や民宿の奥さんの話で聞いてはいたけど・・・・・
4 古座間味ビーチ 修学旅行とはちあわせ
修学旅行生と はちあわせ 
しかも、暗雲漂うこの天気・・・・・せっかくの座間味の海がーーー
とはいえ、身動きとれないほどひしめいてるわけでもないし、さっそく海へーー
水着姿が異常だったけど、気にしないで海へーーー
・・・ふがっ や、やっぱり、ちと冷たい (´;ω;`)
それでも、せっかくですからね、気合でなんとかなるってもんです
空はこんなだけど、ほんの少し泳いだだけで、魚が見えるーーー わんだほー

ほんの少し海に浸かって、魚を見て・・・
きゃっきゃきゃっきゃと楽しむ・・・高校生を横目に、早めのお昼 おひるごはん
・・・・・だって、寒いんだもん

あ、暗黒のビーチだけじゃなんなんで、こちらもどうぞ
1 古座間味ビーチ
・・・え?やっぱり曇ってる??(笑)

午前中は海水浴を楽しむというほどではなかったけれど、ここからがこの旅行のメインイベント!!!

【episode 04】 「は、入りません」
さてさて、ダンドレネーゼこぶぅがなんとか申し込んだメインイベント
体験ダイビングツアー ニモに会いに行こう のんびり水中散歩コース
もちろんもちろん、初体験・・・泳げない、水が怖い、波に酔う・・・
楽しみ60%、ドキドキ40%で臨んだワタクシ
が、事前の体調チェックや、レクチャーで、楽しみ40%、ドキドキ30%、後悔30%に・・
だって、だって、虫歯がある人は、水圧のせいで、虫歯が超痛くなるかも・・とか
いろいろと脅され説明され・・・しかも・・・

教えてくれたおっちゃん方が・・私を一目見るなり、
「あ、大きいサイズのスーツ持ってきて!!!」と叫んで
2サイズも大きいスーツを用意したにもかかわらず・・・
全然、ウエットスーツが入らない  時間がかかって焦るから余計に・・
焦ってる私に 「日頃の不摂生の結果だから仕方ない」 と追い打ちをかけるおっちゃん
海に入る前から、緊張と体力消耗で、ヘロヘロ・・・とほほ
それでも・・・
5 ダイビングへGO!
天気もよくなって、ちょっとずつ気分も上がり、わくわくドキドキ・・・

ポイントに到着した後、耳抜きの仕方や、泳ぎ方を教わり、30kgのボンベを背負って
いよいよ、海にどぼーーーん!!!

少しずつボートから下ろしたロープをたどって下り、止まって耳抜きをしてはまた少し下り
と、ゆっくり下りていくのですが、なぜか最後の最後に、ロープにぶつかって?
コントのようにマスク(水中メガネ?)がずれて、しこたま海水を飲んだこぶぅ
・・・・・ああ、私もここまでか、とくじけそうになったものの、大きい呼吸を繰り返す間に
少し落ち着き、なんとかリタイアせずに参加することができました

でもね、思ったように泳ぐことなんてできなくて、ほぼ海底を這ってる状態
マナティ 水の中 ← これをこぶぅだと思ってください
まさに、マナティか、トドのお散歩・・・・・ほんと、哀しくなる
あ、わかってるとは思いますが、これ ↑ は、美ら海水族館のマナティですからね

とはいえ、余裕ができてきて、周りを見回すと・・・
あちこちにクマノミやら、色とりどりの魚やら、サンゴやら・・・
ほんと、いつまででも潜っておきたい・・と思うぐらい、素晴らしい景色
ある程度は自分たちで泳がせてくれるので(他は、ひもをつかんで付いて行くだけらしい)
ゆっくりと海底散歩(まさに四つん這いで歩いてたけど)を楽しむことができました 

残念ながらね、防水のデジカメはないので、海中の写真はありませんが・・・
6 ダイビング後 終了後、ボロボロのボロ雑巾な私たち・・・・・

なんだかんだで、強烈に心に残る初体験となりました

【episode 05】 「わかっちゃいたけど・・・」
一度宿に戻り、シャワー(ほぼ水w)を浴びた後、レンタカーで島内散策へ
島には、たくさんの展望台があるのですが、想定内と言うか、やっぱり・・・
どこへ行っても、海に沈む夕日は見ることができませんでしたが・・・
2 神の浜展望台からの景色(夕景)
神の浜展望台より

3 女瀬の崎展望台へ続く道
女瀬の崎(うなじのさち)展望台へ続く階段
女瀬の崎展望台から
女瀬の崎展望台より

お腹いっぱい、心いっぱい、素晴らしい景色を堪能することができました
途中で、こんな景色にも出会いましたがw  7 向こうの山にヤギ?
アップで撮りすぎて分かりにくいですが、けっこう高い山の斜面にいるヤギ・・・

こんなハプニングだらけで初日が過ぎていきましたとさ

あ、すみません、やっぱり長い記事になってしまいました ('・c_・` ;)
続きはまた後日・・・・・
本日も、最後まで目を通していただきまして、ほんとにほんとにありがとうございました
さぁ! 今週も始まった!! けど、もう今月半分過ぎたんですね・・・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ    

  1.  ◎離島
  2. | trackback:0
  3. | comment:16




母との珍道中 その1 石垣島 前編 :: 2011/03/25(Fri)
はいたい 
ちゃーがんじゅー

・・・歯は痛くないです
「やあ、元気ですか?」ってことらしい
でも、にせうちなーぐちはだめですね
すぐにナイチャー(本土の人間)だとわかってしまう

さて、先日母が遊びに来たときに行った沖縄の素敵な場所を
少しずつ紹介したいと思います
超 亀更新だと思いますが、よければお付き合いください
写真の腕がいまいちなので、素敵さが十分に伝わらないのが残念

では、今回は石垣島めぐりにれっつごー←

いや・・・
それがですね
南国気分でやってきたこぶぅ母だったんですが、
天気は曇り
気温は低め
と、テンション上がらないことうけあいですよ
こぶぅの間違ったアドバイスで半袖ばかり持ってきた母は
沖縄で震えていました(笑)

まあ、とりあえずタクシーでれっつ観光!
まずは、石垣島鍾乳洞へ
外は曇りだし、いきなり鍾乳洞でも仕方ないか・・・

鍾乳洞 きらきらしています

しかし、入ってみると・・・
中は暖かく(いつでもだいたい20度前後らしい)
けっこう広い
公開しているのは660mだそうです
鍾乳石がきらきら輝いていて神秘的でした

そして・・・

石垣鍾乳洞2
ものすごく微妙な状態で大岩が乗っかってます
いやしかし・・・
 「落ちてたまるか」
って・・・
なんだか悲愴的な感じも・・・

さらに
ど~ん
石垣鍾乳洞3
出ました
トトロ鍾乳石
似ているとうわさになり、
最近名前がついたとか
しっかり、母は記念撮影
なんかいいことあるかしら

このほかに、貝の化石があったり(はるか昔、海底だったことのなごり)
なぜか、鍾乳洞にイルミネーションが施してあったり
なかなか見ごたえ満載のスポットでした

わぁ・・・
長くなったので、その1の後編に続きます

  1.  ◎離島
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




あらためて その1石垣島 後編 :: 2011/03/25(Fri)
思いのほかに長くなってすみません

さて、次は・・・

いざ、絶景と謳われる 川平湾へ・・・

しか~し
しかし、天候がこんなじゃないですか・・・
海がエメラルドグリーンとか、コバルトブルーとか
じゃないわけですよ
風も強いし・・・
撮ってもらった二人の写真・・・
髪がなびきすぎて顔が見えないわけですよ
無理やりグラスボートに乗せられましたが、
「川平湾よ、君はもっとできるはずだ」

言いたい感じの海底で、写真もあまりよくないので
ここは割愛で
さすがに湾だけあって、すごい風でもあまり船は揺れなかったのが
せめてもの救いでしょうか

気を取り直して次の場所へ

次に連れて行ってもらったのは
 
 石垣やいま村

昔ながらの民家や、ラムサール条約登録域の「名蔵アンパル」という
マングローブ林地帯があり、

そしてなぜか

石垣やいま村 りすざる
リスザルの森がありました
年中暖かいので、熱帯産のおさるさんにとって過ごしやすいとのこと・・・
 
いや、おしくらまんじゅうしてますやん

さすがに、ちょっと寒そうでした
真ん中に写っているさるさん
後から2人の間に無理やり入ってきて
一番暖かい場所をキープしていました(笑)

あ、かばんを開けたまま肩から提げてたのですが
見事にかばんに飛び乗って、しがみつかれました
ちょっとびびって
 「うぎゃー

間抜けな声をあげてしまいました

そんなこんなで、母との珍道中は
次回 「その2 本島 パワースポット編」に続きます

  1.  ◎離島
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。